ホーム > アーカイブ > 2013-02

2013-02

森の中の邸宅 - ヨーロピアン セカンドハウス -

◆リビング

  

煉瓦の壁、大理石の床、窓からの光と間接照明の灯りでゆったり広々くつろぎの空間・・・
今回のカーテンは別荘用にセレクト頂きました。
  
テーマは、女性っぽくならない事!

  

 

 

  

ウォームグレーの内装材に、Cassinaの濃いブラウンのレザーソファ。
カーテンには、クールになりすぎることなくファブリックならではの柔らかさもだしていきたい!とのことで、
こちらの生地をほぼ一目ぼれでお気に召していただきました。

  

スタイルは、別荘地ということもあり開口の大きな窓からの寒気をカットする意味も込めて、
ルーズスタイルです。

  

  

  
これだけ開口の大きな窓で、レールを支えている『ブラケット』が3カ所なのが気になりませんか?
お客様のこだわりの中の1つで、大きな窓でカーテンのたまりを左右にまとめたいとのことで、
そのイメージをかなえる為にご自身で探されて見つけられた作家さんによる、
アイアン製特注レールなんです。

  

デザインは月をモチーフに、左右のファニルの形も満月と三日月を表現されています。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  


 
シンメトリーに置かれたスタンドもイメージを揃える為にレールと同じ作家さんに
オーダーされたこだわりスタンドです。
 
 

 

 

ドレープカーテン : ZR(チマ―アンドロード) 2.4倍ヒダ 裏地仕様

 

◆ダイニング  

 

リビングの煉瓦暖炉の奥に続くダイニングです。
こちらはリビングとがらりと雰囲気が変わって、床は無垢のフローリング、そしてアンティークの
家具・照明をあしらわれた空間です。

  

 

  

家具と照明は、私たちのお店のお隣にあるウェストウッドさんでセレクトされました。
アンティーク照明は、日本一の品揃えとのことなのでご興味のある方は是非、
サンクリドーと合わせてご来店くださいませ!

  

 

 

 

 

 

  

 

実はダイニング・・・勾配天井になっていて、カーテンBOXが勾配部分からせり出していました。
天井を高く見せる効果もありますので、側面を斜めにカットしたストレートバランスを
納品させていただきました。いかがでしょうか?天井も高く見えませんか??

  

≪施工前≫ 

 

  

  

 

 ≪施工後≫           

   

  

  

◆コンサバトリー

  

ダイニングから奥に目を向けると・・・・

  

  

ホワイトを基調にしたコンサバトリーが広がります。

夏の終わりの納品でしたので、外の緑もまだ青々としていて、ただ差し込む日差しは柔らかで、暖かな
やさしい空間でした。
コンサバトリーの醍醐味ですね~。

 

 

 

 

 

生地はシャンタン調のポリエステルにビスコースの糸で刺繍があしらわれた生地です。
刺繍の糸が艶やかであり立体的。
イタリア製のロココ調のソファーと、リビングダイニングとお部屋のコンセプトが違うため、
協調しつつも同調するのは避けたい・・・と最後までお客様と悩んだ生地選びでしたが、
素敵な空間になりました。

  

ドレープ : イギリス製
レース   : ボイル(NW) 何れも2倍ヒダ仕様

  

◆べッドルーム

 

     

一昨々年に150周年を迎えたイギリスの老舗、Sanderson(サンダーソン社)のベルベットです。
避暑地の別荘なので、夏は涼しくて良いのだけれども、秋口から冬にかけてはとても寒いということで
保温効果の高いベルベットをセレクト頂きました。
また高窓でしたが、より高い保温効果を得るために床に擦るか摺らないかの
ギリギリの丈で製作させていただきました。

 

 

 

また壁とカーテンの隙間からの冷気も
防ぐため、ドレープカーテンは
リターン仕様です。

バランスはストレートスタイルですが
すっきり過ぎるのは??との懸念もあり、
何か飾りを付けましょう!ということで、
シンプルなブレードをセレクト頂きました。

ブレードは飾りの意味合いが強いので
本当にシンプルな商品が少なく、
エレガントやクラシック、
もしくは可愛い商品が多いです。

 

 

数少ないシンプルなこちらの商品にたどり着くまでも、セレクトいただいた商品が
在庫が切れていたりして・・・最終決定頂くまでお客様にいろいろとお手間を掛けてしまいました。

根気強くお付き合い頂いたお客様に感謝です。

ベルベットの生地は、表面を見ると毛足が長い織物なので見る角度によって色合いが変わってきます。
今回ベッドルームが2部屋あり、それぞれ同じ生地をセレクトいただいたのですが、
お部屋の中で撮影した角度によってまったく違った表情を見せてくれます。
照明の当たり具合で分かりつらいですかね??

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドレープ:Sanderson(サンダーソン社)

 

◆エントランスホール

 

エントランスホールから、リビングまでの通路が一つの空間としてつながっていてとても開放的な
空間でしたがやはり防寒対策も必要とかもということもあり、仕切りの為のカーテンをセレクト頂きました。 

ホール中の内装材のレンガと外壁のレンガが共通の素材をセレクトされていて、
カーテンを閉じているときに外から見てアンティーク照明を活かせるカーテンをとのご要望がございました。

 

 

 

玄関側は、イタリア製のベルベットをセレクト頂きました。
先程のベッドルームの時にも明記いたしましたが、ベルベットは毛足の長い織物なので、
単色の織物でも見る角度によって色が違って見えます。
こちらの画像でも、カーテンの上部と裾の方でまったく見え方が違って見えています。分かりますか??
艶やかでしなやかで、ずっと触れていたくなる上質な生地でした。

カラーはレンガの色と合わせて、シルバーウォームグレーカラーをセレクト頂きました。

 

実は、生地の表面が型押しされていて細かい模様になっています。

e58699e79c9f

 

 

 

 

こちらの4色展開です。
今回セレクト頂いたのはGY色でした。
 
カーテン仕立てた後とサンプルブックで
ご覧いただくのではまったくイメージが変わります。

 

 

 

 

 

r0011199

 

 

上部も防寒対策の為、天井すれすれの
ぴったりサイズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕切りということで、もちろん裏側から見ても美しくなければいけません!
裏面は、モダンな印象を崩さずに、でも少し楽しい雰囲気をということでジオメトリック調の
デザインをセレクト頂きました。
丈もあえて防寒対策の為、長めに製作しています。

   r0011187

 

 ドレープスタイル : ハトメ&リバーシブル仕様

 

お問い合わせは↓
カーテンショップ サンクリドー
E-Mail:mobiria-cinqrideaux@diary.ocn.ne.jp
HP    : http://www.mobiria-nakajima.com
フリーダイヤル:0120-656-489

 

 

 

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2013-02

カレンダー
« 2 月 2013 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る