ホーム > アーカイブ > 2010-03

2010-03

ヨーロッパ プリント生地カーテン

以前、お母様が当店にてオーダーされて、今回はお嬢様のご新居のカーテンも
製作させていただきました。

まずはリビング!

<CLOSE>

e794bbe5838f-085
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

<OPEN>
 e794bbe5838f-097

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お部屋に対して窓の面積が大きいので色の濃淡がある生地ですと飽きが早く、疲れてしまう為、
ライトカラーのプリント生地をご提案!

花のモチーフですのが遠めで見ると蝶にも見えます。
今やヨーロッパでは数少ないプリントメーカーのフランス老舗、エタミンの商品で、
番手の細い糸で織られたグランドに繊細なパターンで上品且つ存在感十分です。

<生地へズーム>
e794bbe5838f-091

 

 

 

 

 

 

 

 

 e794bbe5838f-098

 

 ドレープとコンビ柄のシアーは厳選された
上質の麻で柔らかく手触りが良いのです。

 e794bbe5838f-100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<生地へズーム>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供室

無地でも良いとの事でしたがあまりにも寂しいので切り替えにして、端部にはブルーのステッチを入れて
ディテール感をアップしてます。

 p1020536

 

p1020543

 

 ←このような感じでブルーの
   ステッチを入れました

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は洋室です!

和家具をご購入予定でしたので和洋折衷が大得意のウィリアムモリス(ミカエルマスデイジー)
シアーはやはり麻素材でカサマンスのイリュージョンです。

 

p1020527

 

p1020528

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シアーはシェードにしてバーを
入れるシャープスタイルに
することで障子のイメージになりよりジャパニーズテイストに振りました。

 

 

 

お問合せは・・・

カーテンショップ サンクリドー
E-Mail:mobiria-cinqrideaux@diary.ocn.ne.jp
HP    : http://www.mobiria-nakajima.com
フリーダイヤル:0120-656-489

RSS リーダーで購読する

動画 【電動レール】 

中古のマンションをリノベーション後のカーテンのご注文です。

 リビング・ダイニングはバーチカルウェーブとドレープカーテンの組み合わせです。
生地はフジエテキスタイルのノーヴァヒルからセレクトです。

 p1020234

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、ダイニングから!

◆正面からショット◆
img114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シンプルなカーテンホルダーでカーテンをまとめています。

 ◆バックらからのショット◆

img113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングからダイニングの部分は開口も大きく、L型になっていたので、電動式のレールにしています。
滑らかな動きをご覧下さい!

◆OPEN◆

 

 

◆CLOSE◆

 

 

レールは窓が大きいので電動式にしています。
カーテンレールメーカーも何社かありまして今回はスイスのサイレントグリスからセレクトしました。
なぜサイレントグリスかというとこのカーブを電動で作れるのがこのメーカーしかない為です。
国産メーカーでこのカーテンボックスに入れられるカーブを作れる所がないのは悲しいです。。。
せっかくの電動なので動画で撮影してみました!

 

◆角度を変えてもう一度・・・◆

 

 

 

 

寝室です
FEDE(フェデ)のコレクションから光沢のあるドレープにシアーはゴールドのオーガンジーのコンビです。
濃い色のシアーは落ち着きますねぇ・・・

◆OPEN◆

p1020182

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真だと光沢感が違いますがこんな感じです。
かなりし~~~っぶいです。

◆CLOSE◆

p1020184

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

p1020188

 

 

 

 

 

 

ドレープカーテン接写!

   

p1020187

 

寝室は普通のレールでホテルの様に
交差式のレールをセットしました。
この納め方はカーテンボックスの幅が
通常より少し大きくないと出来ませんが、
こうすと遮蔽性も上がってカーテンの
合わせ部分の隙間もないので安心です。

ついでにオーガンジーの光沢感も
ご覧ください! 

 

 

 

 

カーテンショップ サンクリドー
E-Mail:mobiria-cinqrideaux@diary.ocn.ne.jp
HP    : http://www.mobiria-nakajima.com
フリーダイヤル:0120-656-489

 

RSS リーダーで購読する

バーチカルアラカルト! -クリエーションバウマン-

今回の施工例はサンクリドーにしては珍しくバーチカルブラインドです。

そして最近の国産ブライインドメーカーも対応していますパターン物で納品いたしました。

p1090756

 

お客様のご要望は具体的なものではなかったので、お部屋のイメージに合わせて、サンクリドーで
数パターン用意した中からセレクトして頂きました。

窓の大きさ・お部屋の大きさ・外からの見え方・これから作るお部屋のイメージ、それぞれを
加味して出来たのがこちらです。

『DAY Version』

p1090761

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『NIGHT Version』
p1090639 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーチと言えば最近ではクリエーションバウマン!!!
世界最高品質のバーチカルブラインドという事で近年は都内のマンションブームで
爆発的にヒットしたアイテムです。 

 

 p1090767

 

 

 

 

 

 

リビングですので完全に遮蔽しないで
パターンの1部分にシアーとレーザーカットを
入れてご提案です。

 

 

 

このパターン物は一直線のだけの窓ですと容易ですが、今回の様なクランクしている形状の窓の場合は
それぞれの辺にピッタっと合うパターンで計算してでデザインを起こさないといけないので意外に難しい
お仕事で、今回はファミレスで3時間悩みました(汗)

オーバーサイズの窓の為、メカはバウマンと同じお国のサイレントグリスから
2900という大開口部用の物をセレクトして、開閉をスムースにしています。

ハンドル写真です。

p1090764   p1090766

 

操作方法は一般的なコード式ではなく          使わない時はストレートになる
ハンドルタイプでよりメカニカルでモダンに。       ので邪魔になりません。

品番)
無地:スペクトラ
レザーカット:イロロレーザーカット
シアー:エラート64

 

 

書斎

 同じくバウマンのバーチカルブラインドです。

p1090625

 
リビングはシンプルモダンをテーマにご提案しましたが、書斎はややカジュアルに振って左右非対称な
いわゆるアンシンメトリーで、オレンジの差し色をトッピングしています。

p1090628

 

 

バーチカルの場合、
羽根を1枚1枚を
お客様ご自身でも
交換出来ます。

季節によって、色の
部分を変えたりと
楽しめます。

 

 

 

p1090629

 

 

 

 

書斎ですので地味に数字を
入れて集中力アップ!!!

 

 

 

 

 品番)
無地:パド
数字:アルジェブラ

 

 

 

寝室

 

ご夫婦のお部屋はパープル&パープル^^ 

こちらもクリエーションバウマンでセレクトしています。

 p1090441

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドレープはベストセラー    Dimmer(ディマー)

p1090440

 

 シアーはこれも売れ筋ですが  Soprano(ソプラノ)

p1090439

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドレープのディマーは海外製品にしては珍しい遮光タイプの生地ですが、ご覧の通り遮光とは
思えない発色で色数がハンパでないのです!

しかも凄く柔らかいのでシルキーな手触りなのです。 

今から12~13年前は当店では売れ筋商品だったクリエーションバウマン。

当時は無地のバウマンからインクジェットプリントで一気に世界のトレンドセッターになった
記憶があります。
そこから時は流れて日本の中ではバーチカルのバウマンになって進化しています。

でも私は無地の発色の良いバウマンが大好きです。
そして、それぞれの色数が豊富な事、緻密な糸の打ち込み(ソファーや椅子に張ると違いが一目瞭然)

そしてコストバランスは世界一だと思います。

今はそのハイテクノロジーで奇を衒ったデザインに目を奪われる方が多いと思いますが、バウマンの
本当の良さは、まず無地からだと今でも思っている今日この頃です。

写真は10年前にドイツ・ハイムテキスタイルに仕入れとデザインの勉強に出張した時の
バウマンのブース。

 

      e3838fe382a4e383a0e794bbe5838f      

この辺りからレーザーカットを開始していました。
今では考えられない程ハイムが盛り上がっていた時代です。

当時26歳でした・・・・・・・・・懐かしい~~~っ!!!

クリエーションバウマン HP:http://www.creationbaumann.jp

 

お問合せはこちらまで↓

カーテンショップ サンクリドー
E-Mail:mobiria-cinqrideaux@diary.ocn.ne.jp
HP    : http://www.mobiria-nakajima.com
フリーダイヤル:0120-656-489

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2010-03

カレンダー
« 3 月 2010 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る