ホーム > アーカイブ > 2010-02

2010-02

ラグジュアリーリビングへ -クリエーションバウマン-

さて!今回はラグジュアリーモダンなリビングのご紹介です。

 p1020262

 

最近はやや少なめになったスタイルですが、ドレープonレースで仕上げています。
連窓はナニックの木製25mmブラインドで引き締めます.

 

p1020260

 

 

 

ドレープはバウマン
ベストセラーでDEMMER。

シアーは、バウマンDUNAを
ややひだを少なくして、重さを
なくしています。

 

 

p1020254

 

 

 

 
ウェーブパターンはヒダが
少ない方がグラマラスに
なります。

 

 

 

 

 

クリエーションバウマンHP http://www.creationbaumann.jp/

お問合せはこちらまで・・・

カーテンショップ サンクリドー
E-Mail:mobiria-cinqrideaux@diary.ocn.ne.jp
HP    : http://www.mobiria-nakajima.com
フリーダイヤル:0120-656-489

RSS リーダーで購読する

◆インテリアデザイナーとコラボ◆

今回の施工例はちょっと長文です!見ごたえのあるファブリック・インテリア満載ですので、
最後までお付き合いください!

 

まずはリビングから

 p1060817

 

 

アメリカ・ロバートアレンのシルクのドレープに良質の麻のレース。
シルクタフタで珍しい3m幅のカーテンです。
リビングにブルーは難しい色ですがタフタは玉虫効果があり、しかもシルクの何とも言えない
艶やかさがありますので色のわりに落ち着いていて温かみもしっかり出しています。

 

 
<OPEN>
 p1060818

 

 

 

 

 

 

 

<CLOSE>

p1060820 

 

 

 

 

 

 

 

  

アメリカまで買い付けに行って購入された家具はやはり日本で流通しているソファーや
テーブルと違い現地サイズ、そして張り地のクオリティが高いですね。
欧米のテキスタイルメーカーは売り上げの半分がカーテンで半分が椅子張りだそうです。
日本と違い家具の文化が長いので自然とカーテンの生地だけではなく、ソファーや
ダイニングチェアーの張り地にもこだわるのでしょう。

タッセルも欧米のビッグサイズでないとカーテンや家具に負けてしまいます。

 

 

 

ダイニング

p1060824 

 ラルフローレンのダイニングセットにバカラのシャンデリアが輝いていました。
鋭いカットから発せられる美しい輝き。
怖くてこのお部屋には近寄りたくなかったです。。。

 

 p1060834

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの贅沢なダイニングには贅沢のカーテンです。
キルト加工をしてあるボリューム感バッチリの世界トップレベルのエディター!!!
アメリカ・ロバートアレン製のドレープ。
そしてシアーはドイツ・サコヘスレインの横クラッシュです. 

 

 p1060836

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家事室


シャネルツイードの様なドレープはロバートアレン・シアーはサコです。

p1060521

 

 

 p1060524                                 
家事室にサコの生地を使われたお客様は
私のカーテン屋の史上初めてでした・・・
                                

 

 

  

 

少しは生地感わかるかな?

  

 

   

  

トイレ

  p1060515

 

 

厳選されたターコイズのモザイクタイルとテシードのクロスがコーディネイトされたトイレですね!
ドレープはROBERT ALLEN FLATLANDS PEACOCKです。
シアーはまサコの大ベストセラー商品、カメレオンです。
(しかし今年廃盤になりました。。。)

 

p1060517 

 

 

 

 

 

ホール周りは。。。 

やはりサコのFabulaというハーフシアーでシングル吊り、スワッグは柔らかな
同じサコでシンプル且つゴージャスの極みです。

 p1060930

 

  

こちらのスワッグバランスはスローイングスタイルといいまして、その名の通り生地を投げて
ポールに巻きついたイメージで製作しています。
実際にはずれない様にマジッックテープでしっかり固定しています。

テール部分はエレガントさとドレッシーなイメージで通常より長く製作しています。

  

 p1060884

 

 

 

 

 

 

 

 

   

レールはアメリカ・フィニアルカンパニーからチョイスしましたがこのレールは取り付けにコツが必要で
慣れるまで苦労しました。
 

 

 

近くに寄るとフィニアル (エンドキャップがものすごくゴツいです) p1060899

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

中庭の吹き抜けが一般住宅とは思えませんね。。。
吹き抜け上部からのショット!

p1060884 

 

 

玄関からのショット!
お姫様が出てきそうなロートアイアンの手摺り壁です

p1060886 

 

 

 

 

 

 

書斎
 p1060857

 

シンプルの中で上質感が伝わります。

ウッドブラインド ナニック

 

 

 

子供室

お嬢様のお部屋はハーレクィンでバランスとドレープをコーディネイトです。
ドットの部分がモケットになっていますので柄のわりに高級感があります。

p1060860 
バランスはコーナー部にヒダを取ったプレーンなタイプでありがちなブリブリ感を回避。

 

 

 

 

寝室

イメージはバハマリゾートです。

 p1060867

 

 

イーセンアレンの家具で設えていらっしゃいます。
こちらもカーテンレールはフィニアルカンパニーをセレクトでフィニアルはプレーンな
タイプにしていますが、日本のカーテンレールと比べたら超ド級です!!

 

p1060846 

カーテンの山が10cm
ですので、ポールの
太さとリングランナーの
大きさがハンパでは
ない事がお分かりに
なりますでしょうか?

 

 

 

こんなスーペリアなお部屋には無駄な色や柄は皆無ですね。
そしてシンプルで質感の有る贅沢な空間ではフォルムが重要です!

ドレープカーテンはイギリスのWINDのベルベットですがここではカーテンの巾に気を使いまして通常は必要な巾(カーテンレールの長さやブラケットの外側)の5~6%程度を足した寸法で製作しますが、この様なレールや部屋の設えですと
余裕を大きくして10%程で仕上げてあります。

 

p1060839

 

 

そして当然リターンを付けてカーテンを厚く見せます。

 

  

 

 

*リターン=カーテンの端部を長く伸ばして壁に密着させる縫製仕様
 (一般的に遮光や保温の為につけるオプション的な縫製です)

 

 休日に本でも読んでうたた寝したくなる様な空間です(∵)zzz

p1060841 

 

 

 

 この物件で取り付けが一番苦労したこの窓です。

《施工前》

p1060280

 

 

 

 

 

 

 

                                             《施工後》

 p1060927

重くて寸法が合わないので現場で加工しながら苦心の作品ですが見た目は普通に付いています。
こちらは極太レールのアイアンタイプでこの窓の為だけにスペシャルオーダーしています。
これが厄介で製作に2ヶ月程掛かりました・・・

 

 極太レールにズーム。。。

p1060929 

 

 

 

 

 

 

 

 

リングランナーは一個、一個が溶接されていて可動はしませんのでMAXここまでです。

 

 

  

洗面室

ドレープはゴールドのシルクグランドにジャガードストライプにプレーンバランス。
まるでパリのプチホテルの様です

 p1060876<OPEN>

 

 <COSE>
p1060881

 

ドレープはフランスの老舗ブランド ノビリス
シアーはフジエテキスタイル
鏡にカーテンが映っていて窓がもう一つ向こう側に有りそうな錯覚を起こしそう。

 

 

◎店長のひと言コメント

こちらの物件で重要視した事は質感とフォルムです。
大きい空間に大きいパターンの柄を持ってくるとそれなりに合ってインパクトが有って
取り付けた時は新鮮ですが、飽きが早く来るの否めないです。

しかしフォルムに飽きはきません。
しかも質感の良い上質な生地ですと建築物と共に年を重ねて味になります。

スーツや靴、バッグなどと同じでカーテンも縫製と部材、作る人間の経験値が全体の
バランスを作り出して行きます。

当社でカーテンクリーニングを受けていますが良く見かけるのはカーテンの生地は
一流ブランドで高価なものですが、縫製は・・・・という可哀相な例は非常に多いのは現実です。
縫製にもランクがあります。
レギュラーのカーテンは当然ですがここでご紹介したスワッグバランスは縫製で
全く違うものにさえ見えます。

たかが縫製、されど縫製なんですよね。 

 

お問合せは↓
カーテンショップ サンクリドー
E-Mail: mobiria-cinqrideaux@diary.ocn.ne.jp
HP    :  http://www.mobiria-nakajima.com
フリーダイヤル:0120-656-489

RSS リーダーで購読する

ハンターダグラス ~シェード・ブラインド~

今回は、ハンターダグラス特集です!
スタイルシーンに合わせて、使い分けのできる商品が揃っています。

先ずはこちらから!
先日も、ご紹介しましたが・・・

■シルエットシェード

都内とは思えない、自然溢れる眺望です!

p1080303

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この景色をカーテンで邪魔したくないので、これしか有りません!

p1080308

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シルエットシェードはこの施工事例で何度か紹介していますが、メンテナンス(洗濯)を気にされる
お客様より、良くお問い合わせを頂きます。

普段は中に入ったホコリをエアーダスター(カメラなどの精密機械を掃除するスプレー)で定期的に
ホコリを取って頂ければOKです。

数年使用したら我々の様な専門業者にクリーニングに出して頂ければ大丈夫です。

あまり放置するとカーテンの生地と同じで、洗った時に生地自体が裂けてしまいますので要注意!!!

 p1080310

 

 

角の部分はメカ同士をピッタリ寄せてこのくらいの隙間です。

 

 

 

■デュエットシェード 

書斎です。

p1080315

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

北側のお部屋なので冬場、窓からの冷気が気になるが、カーテンだとスペース的に
問題があるのでこの商品をセレクトしました。

デュエットシェードは以前に紹介しましたが、幕体自体が蜂の巣構造になっていて保温性があり、
下(外)の道路からの目線を遮って、尚且つ採光・換気の調整を今までにないパターンで出来る
人気商品です。

 遮光タイプもありますので寝室などでも重宝しますね。

 

■セレネットシェード

こちらは逆に夏場の暑さ対策で使用した例です。

 

高層ビルのオフィスですが夏場の陽差しで空調がほとんど効かない為、こちらをお勧めしました。

p1050031

 

アップで見るとこんな感じに膨らんでます。

不織布に樹脂の中材が入っているので断熱効果は抜群です!!!

  

 

 

 

更に羽の表面が湾曲しているので閉めた時は
隣の羽と密着します。

丈も擦るか擦らないかの所で決めます。

 

 

 

 

 

 

今回は暑さ対策でしたので遮光タイプを設置しましたが、通常のものも光が差すと普通の
バーチカルブラインドとは違う立体感と素材感があってとても綺麗です。

 

ハンターHP  http://www.hunterdouglas.jp/

お問合せはこちらまで

カーテンショップ サンクリドー
E-Mail:mobiria-cinqrideaux@diary.ocn.ne.jp
HP    : http://www.mobiria-nakajima.com
フリーダイヤル:0120-656-489

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2010-02

カレンダー
« 2 月 2010 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
アーカイブ
ページ
-

ページのトップに戻る